マウスコンピューターの15.6インチノートパソコンは、FシリーズとKシリーズの2種類がありますが価格帯で言うとFシリーズはスタンダード、Kシリーズはハイエンド的な存在です。

今回マウスコンピューター様より実機をお借りすることが出来たので早速レビューします!今回は大きさもわかりやすくするために少しではありますが某カフェに持ち込んでみましたのでご覧ください。(2016年9月14日現在の内容です。製品仕様、価格については変更となる可能性がありますので必ずマウスコンピューターicon公式サイトでご確認ください)

このKシリーズはスタンダード的な位置付けであってもフルHD液晶を採用しているので画像の綺麗さはKシリーズと変わらないのがポイントです。

さらに価格も最安値は5万円台から用意されているので手軽な価格でも高画質を楽しめます。メモリも4GB以上搭載されているので動画などもストレスがありません。

その気になればCorei7にメモリも16GBという最強スペックにもカスタマイズできますが、それでも109,800円という価格に抑えられるのが魅力です。

マウスコンピューターから商品到着しました

いつも通り専用のスポンジで本体がカバーされているので輸送時のトラブルは考えにくいです
マウスコンピューター梱包

帯電防止のビニールフィルムに包まれています
2016-09-11-15-01-16

外観

マウスコンピューターのロゴだけが入るシンプルな外観。持ち運ぶとしたらこのくらいスッキリした外観が良いですね
LB-F531XN2-SSD外観

ヘアライン処理が美しい天板
LB-F531XN2-SSD天板

大きさイメージ

手持ちの13インチノートパソコンと並べてみるとこうなります
LB-F531XN2-SSD大きさ比較

バソコンバッグも横幅がギリギリ
LB-F531XN2-SSDパソコンバッグ

見えにくいですがなんとか入りました!
LB-F531XN2-SSDを入れる

LB-F531XN2-SSDの側面・背面

バッテリーは着脱が可能なので予備バッテリーを用意しておくことも可能です
LB-F531XN2-SSD背面

ゴム足がしっかりしているので安定性も抜群です。カードスロットも見えます
LB-F531XN2-SSDのゴム足

続いて左側面。ここでのポイントは左側に端子が多ければ右側でマウスを使うときに邪魔にならないという点に配慮されているということです
LB-F531XN2-SSD左側面

拡大したところ。USB3.0、HDMI端子
LB-F531XN2-SSD左側面拡大

さらにVGA端子と有線LANコネクタがあります。丸いのはアダプター用です
LB-F531XN2-SSD左側面拡大

次に右側面。一見光学ドライブがありそうですが付いていません。最近はディスクのメディアがめっきり減りました
LB-F531XN2-SSD右側面

USB2.0、マイク、イヤホン端子
LB-F531XN2-SSD右側面

ケンジントンロック。本体をワイヤーでつなぎ盗難を防止するための穴です
LB-F531XN2-SSD右側面

本体を開きます

正面から見たところ。やはり15.6インチになるとキーボードにテンキーがつくことが多いのでボタン数も多くヤル気にさせます
LB-F531XN2-SSD正面

斜めから見たところ。ヒンジの形状により液晶が若干沈むようになっていて、少しでもコンパクトにしているのがわかります
LB-F531XN2-SSD本体

タッチパッドの大きさは普通ですがパームレストは本体が大きいぶん余裕のある大きさです
LB-F531XN2-SSDパームレスト

これはCorei3搭載モデルです。本体に貼られているのでスペックがひと目で分かります。これがCorei7だったりするとテンション上がりますね
corei3

ヒンジ部分は頑丈に作られているので、開閉がユルユルになったり、きしむような不安は一切ありません
LB-F531XN2-SSDヒンジ

ディスプレイ上部のWEBカメラは100万画素です
WEBカメラ

テンキーがあるとエクセルなどで非常に便利です。事務作業で連続して伝票を打つ場合などにも最適です
テンキー

電源はちょい長押しで入ります。写真はONの状態
電源ボタン

電源が入ると左手前のパイロットランプが動作を知らせてくれます
LB-F531XN2-SSDパイロットランプ

キーピッチ19mm、キーストローク1.5mmの日本語キーボードです。同じマウスコンピューターでもキーストロークは1.8(Jシリーズ)や2.0(Wシリーズ)がありますが個人的には1.5mmが一番しっくり来ました。この辺は完全に好みですが、押した時に「あ、押しやすい」と感じました
LB-F531XN2-SSDキーボードピッチ

LB-F531XN2-SSDの付属品

各種取扱説明書です。マニュアルは特に読まなくても使えてしまいます。ACアダプターが小さくて軽く持ち運び時も負担になりません。保証書などはしっかり保管しましょう。
付属品

某カフェに持ち込んで大きさの検証をしてみました

やはりノートパソコンの醍醐味は持ち運んで使いこなす!だと思います。しかし11~13インチとは違って明らかに大きいので、どちらかと言うと家庭や机の移動が多いビジネスシーン向けかなと思いつつも実践してみましたLB-F531XN2-SSDカフェにて

上記の写真からもお分かりかと思いますが2人がけ用の席だとマウスを置くスペースもありません。開くと更に場所をとるので食事を一緒に置くのも気を使わないとこぼしたりしてしまいそうです
LB-F531XN2-SSDカフェにて

立ち上がり速度の検証

LB-F531XN2-SSDはその名の通りSSDを搭載したスペックでハードディスクのような機械的動きがないので高速な動作が自慢です。その差は立ち上がり速度の差を見れば歴然。約20秒で使用できる状態にまで立ち上がります

LB-F531XN2-SSD 主なスペック
モデル名 LB-F531XN2-SSD
OS 基本構成 Windows 10 Home 64ビット
CPU プロセッサー インテル Corei3-6100U プロセッサー
グラフィックス グラフィック・アクセラレーター インテルHDグラフィックス520
メモリ 標準容量 8GB (4GB×2/デュアルチャネル)
記憶媒体 SSD 120GB SerialATA III (6Gbps)
カードリーダー マルチカードリーダー (右側面×1)
液晶パネル 液晶 15.6型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
解像度 1,920×1,080
サウンド ハイ・ディフィニションオーディオ
インターフェイス・ポート ディスプレイ 2 (D-sub 左側面×1、HDMI 左側面×1)
USB2.0 2 (右側面×2)
USB3.0 1 (左側面×1)
イーサネット 1 (100Base-TX/10BASE-T(RJ-45) / 右側面×1)
サウンド ヘッドフォン出力(ミニジャックメス/左側面×1)、マイク入力(ミニジャックメス/左側面×1)
無線 IEEE 802.11ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
Webカメラ 100万画素
マウス タッチパッド (スクロール機能付き)
キーボード 日本語キーボード(107キー)キーピッチ19mm キーストローク1.5mm
スピーカー ステレオ スピーカー (内蔵)
マイク モノラル デジタルマイク (内蔵)
動作時間(標準バッテリー使用時最大) 約4.2時間
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm) 374 x 258.5 x 24.7 (折り畳み時)
重量(標準バッテリー使用時) 約2.1kg
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
LB-F531XN2-SSDを使ってみての感想

マウスコンピューターの他のオーソドックスなモデルと比べてみても外観は変わらない落ち着いたデザインなので、家庭やオフィスで使うにしても持ち出すにしても何の気兼ねもなく使うことが出来ます。

やはり大きいのがもっともな利点ですので、デスクトップと同等の仕事量や画面を大きく使った方がいい作業をする方に向いています。メリットとしては大きく3つ

  • 15.6インチにフルHDという画面は見やすくて作業の幅も広い
  • SSDのおかげで高速動作
  • ベース価格が安く抑えられているので買いやすい。カスタマイズすればブルーレイディスクドライブも搭載可能なので予算を考えながら購入できる
あえてデメリットを挙げるとすれば

64,800円という価格は魅力ですが、記憶容量は高価なSSDなだけあって120GB(キャンペーンで増量あり)だったりCPUはCorei3です。しかし前述のSSD採用や大容量メモリなどによりボトルネックが少なく高価なマシンと遜色ない動きを見せます。

ヘビーな仕事や思い切りデータ保存(それでも写真なら数千枚という次元ですが)をするなら、購入時にしっかりとカスタマイズする必要があるでしょう。

Windows10 Home64ビット 通常 69,800円 (税別) Web限定 64,800円 (税別)

さらに詳しく見る